マイクの切り替えができるハンディーレコーダー「TASCAM DR-40」

マイクの切り替えができるハンディーレコーダー「TASCAM DR-40」

タダオトではBGMや効果音だけでなく「環境音」も扱っています。扉の開け閉めの音とか、水道の蛇口をひねって水が流れる音とか。

その録音には現在TASCAM(タスカム)のハンディレコーダー「DR-40」を使ってるんですが、手軽に使えて高音質なので気に入ってます。

マイクの切り替えができるTASCAM DR-40

こちらが「TASCAM DR-40」。小型ながら多機能で高音質、しかも価格も比較的抑え目と三拍子そろったレコーダーです。

こういうレコーダーは「リニアPCMレコーダー」と呼ばれているいまして、いろんなメーカーから発売されてます。また同じTASCAMの製品でもいろんな機種がありまして、その中で僕がTASCAMのDR-40を選んだ理由は下記の通りです。

  • 多機能なのに操作がシンプル
  • 24bit/96kHzの高音質で録音ができる
  • A-B方式とX-Y方式の切り替えができる
  • コンデンサーマイクも接続できるXLR/TRS入力搭載

多機能なのに操作がシンプル

いろいろなことができるレコーダーではあるものの、基本操作はシンプルに行えます。

普段は録音ボタン・停止ボタンの2つを使うくらいですが、設定の時は中央の矢印ボタンで操作していきます。ガラケーのような操作感ですがなかなか使い勝手が良いです。設定の階層もシンプルですし。
tascam-dr-40-01

本体左側にはレベル調整ボタンが。機種によってはメニューの中に入らないとレベル調整もできないものがあってそれだとめちゃめちゃめんどくさいんですよ。DR-40ならレベル調整がやりやすくていい感じです。
tascam-dr-40-02

24bit/96kHzの高音質で録音ができる

現在のレコーディング環境だと24bit/96kHzで録音する機会も増えてきました。

個人的には24bit/48kHzくらいでも十分だと思ってますが、数年経って環境が激変しても24bit/96kHzで録音することができれば十分でしょう。

A-B方式とX-Y方式の切り替えができる

DR-40の大きな特徴が「A-B方式とX-Y方式の切り替えができるマイク」でしょう。

マイク部分が固定されているレコーダーがほとんどなので、用途に応じてA-B方式にするかX-Y方式にするかを選べるのはかなり便利ですよ。

こちらがX-Y方式。近距離で録音したり、狙った場所があるときはこの設定が便利です。
tascam-dr-40-05

引いた場所で広い範囲の音を録音する際にはA-B方式に切り替えましょう。
tascam-dr-40-06

コンデンサーマイクも接続できるXLR/TRS入力搭載

本体下部にはマイクを挿すことができるXLR/TRS入力があります
tascam-dr-40-04

コンデンサーマイクも挿すことができるのが便利なんですよね。マイクのアップグレードをしたい場合や、録るものによって最適なマイクをチョイスしたいという場合に使えます。

最後に

タダオトの環境音はこの「TASCAM DR-40」で録ってますので、ぜひ環境音のページを覗いて視聴してみてください。今後もいろいろな音を採取してこようと思います。

キーワード
DTM