[PR] このページではアフィリエイトプログラムを利用しています

BPMがわからないファイルを計測するLogic Pro Xのプラグイン「BPM Counter」

BPMがわからないオーディオデータのBPMを計測する方法についてご紹介します。

僕がLogic Pro XユーザーということもありLogicのプラグイン「BPM Counter」を使った方法なので、他のDAW使ってる方には申し訳ないんですが、サードパーティ製のBPMカウントプラグインがあれば教えて欲しいです。

BPM Counterの使い方

BPM Counterの使い方は簡単です。

BPMを計測したいオーディオファイルを配置したトラックにインサートします。

Meteringの中に「BPM Counter」がありますので、こちらを選びましょう。

あとはオーディオトラックの場所まで移動して再生ボタンを押すだけ。

このようにオーディオ素材のBPMが計測されました。

BPMが160以上の場合は半分のBPMが表示される場合がある

ちなみに、BPM CounterのBPM測定範囲はだいたい80~160だそうで、もし180のBPMの曲は「90」であると判断されます。

その場合はBPMを倍にするボタンがありますので、こちらをクリックしてください。もちろん頭の中で計算するのでも問題ありません。

メトロノームアプリ「Tempo」

正確に割り出せなくても、「だいたいBPMこれくらい」と割り出せたらいいという場合もあります。

そんな時はiPhoneアプリの「Tempo」を使うことが多いです。

Tempoはメトロノームアプリで、タップテンポが使えるため曲を聴きながらぽちぽちするだけでBPMがわかります。

もちろん人力でやってるため誤差もありますが、だいたいのBPMがわかれば十分というシチュエーションの方が多いと思いますし、Logic以外のDAWを使ってる方はこちらの方法をお試しください。

キーワード
Logic Pro

動画もチェック