Logic Pro Xでバウンスやフリーズ機能を途中でキャンセルする方法

Logic Pro Xでバウンスする際、バウンスし始めた段階で何らかのミスに気づくということがあったりしますよね。僕は過去に何度かやらかしたことがあります。

そんな時に便利な、バウンスを途中でキャンセルする方法についてご紹介します。

バウンスをキャンセルする方法

やり方は簡単で、バウンス中に下記のコマンドを入力するだけです。

「⌘ + .(ドット)」

このショートカットキーを一発ポンと押せば、バウンス作業が途中で止まります。

実はこれ、キーコマンドに入ってないんですよね。隠しコマンド的なものなので、覚えておかないとLogicの画面からは探しようがないんです。

フリーズ機能も途中でキャンセル可能

また、タイトルにも書いてある通り、バウンスだけでなくフリーズ機能にも同じショートカットキーでキャンセルすることができます。

フリーズしたいトラックのフリーズボタンをアクティブにして、再生ボタンを押します。

するとフリーズ中となりますが、この画面が出ている間に「⌘ + .(ドット)」のショートカットキーを押します。

これでフリーズされることなく作業が中断されました。

フリーズしたいトラックが間違えていたときなどに便利です。

フリーズ機能については下記の記事で詳しく解説しています。

Logic Pro Xのフリーズ機能を使えばCPU負荷を軽減できる!
Logic Pro Xのフリーズ機能を使えばCPU負荷を軽減できる!
続きを読む
キーワード
Logic Pro

動画もチェック