ヤマハからEarthQuaker Devicesブランドの「Westwood」などエフェクター4種が発表!

ヤマハからEarthQuaker Devicesブランドの「Westwood」などエフェクター4種が発表!

2018年1月23日、ヤマハミュージックジャパンより、エフェクターブランド「EarthQuaker Devices」(以下 EQD)の新製品4機種が発表された。2018年1月27日(土)に発売予定とのこと。

EarthQuaker Devices

EarthQuaker Devicesは、2004年にミュージシャンのJamie Stillman(ジェイミー・スティルマン)がアメリカのオハイオ州アクロン市で立ち上げたエフェクターブランド。

製品はすべて自社工場にて手作業で作られており、下記のような特徴を持つ。

  • 直感的な操作で音作りできるレイアウト
  • サウンドの可変幅の大きさ
  • 楽器が持つトーンを妨げない自然なエフェクト

今回発売される4機種はこちら。

  • Westwood(オーバードライブ)
  • Colby Fuzz Sound(ファズ)
  • Hummingbird(トレモロ)
  • The Warden(コンプレッサー)

オーバードライブ「Westwood」

ビンテージのような質感とタイトな歪みが特徴のオーバードライブ。ゲインの幅が広く、クリーンブーストからハイゲインまでを広くカバーする。

ギターのボリュームやピッキングニュアンスにもしっかりと反応してくれる、使い勝手の良いオーバードライブペダルとなっている。

ファズ「Colby Fuzz Sound」

ギターアンプブランド「Colby Amplification」の協力により、入手困難な「Park Fuzz Sound」のサウンドを再現したファズペダル。

使用されているトランジスターは一つ一つ個体の波形を調べすべて手作業でマッチングをさせているそうで、そのため個体差はほとんどなくどの個体でも最大限のパフォーマンスを生み出すとのこと。

トレモロ「Hummingbird」

ビンテージの「リピートパーカッションペダル」をベースに開発されたクリアで可変幅の広いトレモロペダル。

緩やかな揺れから、スタッカートのような強めのトレモロ、より過激な高速トレモロまで、幅広い音作りが可能。

揺れの速さは外付けのエクスプレッションペダルでコントロール可能なため、アイデア次第ではよりエフェクティブに活用できそう。

コンプレッサー「The Warden」

レコーディングスタジオ品質の高品位なコンプレッサーペダル。

ダイナミックレンジが広く、Tone・Level・Sustain・Ratio・Release・Attackの6つのコントロールによって、楽器や用途に応じたコンプレッションをかけることができる。

ギタリストであればカッティングやアルペジオで音の粒をそろえるのに便利なペダルである。

キーワード
新製品情報
リンク
公式サイト